「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざで、あるある話を教えて下さい。

 

「坊主丸儲け」って、ほんと?

 

知らぬが仏で助かったことはありますか?

 

「だるまさんが転んだ」派?「ぼんさんが屁をこいた」派?

 

上手に屏風に絵を描いた坊さん、います?

 

袈裟がけに切られるとは?

 

仏の顔も三度まで、の経験は?

 

送迎バスの案内に、お坊さんが「お迎えが来ますので暫くお待ちください」とアナウンス。少し気にしなる?

 

私は法話を始める前に「眠たくなったら我慢せずに、やすらかにお眠りください」と言っている。

 

以下のフォームでご意見よろしく。

メモ: * は入力必須項目です